sanagilure

ルアーフィッシングに役立つ情報やタックルの紹介とアコギ・エレキギター・エフェクター情報を発信します@2月から働く

エフェクター

JIM DUNLOP Fuzz Face JHF1音作りとバッファーBUFFOUT

投稿日:2020年12月13日 更新日:

・ファズってなんなの?
 いわゆるオーバードライブやディストーションのように真空管アンプが
 段々と歪んでいくようなものではなく、もっと強烈な、爆音とか音の壁
 みたいに表現されたりするエフェクターがファズです。
 爆音系ファズ(ビックマフ系)とギターボリュームを絞ると
 クランチが作れるファズ(ファズフェイス系)があるので選ぶときは
 注意しましょう。

・現行品Fuzz Face JHF1シリコントランジスタ
 私が購入したファズフェイスは現行品でシリコントランジスタのものです。

 トランジスタというのは信号を増幅するパーツで、使われている材質の違いで
 シリコンとゲルマ(ゲルマニウム)があります。
 どっちがいいという正解はありませんので、好きな音のものを選ぶのですが
 ゲルマニウムトランジスタには1つ欠点があります。
 温度によって音が変わる
 夏と冬で音が違うという現象が起きます。
 だた、それも含めてゲルマの魅力として考えていいでしょう。
 シリコンは温度によって音が変わることはありません。
 しかし、シリコンとゲルマで音は違います。

つまみはほぼマックスで使う

 つまみはマックスからちょっと戻す程度のセッティングが一番かっこいい
 理想はクランチ気味の真空管アンプにファズフェイスでさらにブーストさせる
 イメージです。
 ファズが生まれた時代、PAシステムがまだ発達していなかったため、
 ギターアンプから大音量を出そうと苦労していました。
 その結果、ジミヘンドリックスやエリッククラプトンがスタックアンプを
 積み上げてマーシャルの壁を作っていたわけです。
 ギターアンプのボリュームを上げると音が歪んでしまうが、逆にそれって
 かっこいいんじゃね?となってオーバードライブサウンドが生まれ、
 さらに音量を大きく歪ませたいとなってファズのようなエフェクターが
 誕生しました。
 しかし、当時のエフェクター回路はそれほど音量を増幅できるものでは
 ないのでつまみをマックスにして初めていい音になるようなものでした。
 JHF1も当時の回路を再現したものですのでマックスか、音を聞きながら
 少しずつ絞って好きな音を探しましょう。

ギタートーンを絞るとウーマントーンが作れる

 エリッククラプトンがクリーム時代に使っていたと言われるのが
 ファズフェイス、トーンベンダー、スーパーファズ、レンジマスターなど、
 ジミヘンドリックスはファズフェイスのイメージが強いです。
 CreamのSunshine of your loveをコピーしているとき、ディストーション
 サウンドを作ってギタートーンを絞ってウーマントーンを再現
しようと
 していたのですが、なにか違う。でも、まいっかと思ってました。
 それがファズフェイスを使ったら一気に似たサウンドが作れました。
 アンプ自体のサウンドも重要ですがアンプでは出せないサウンドには
 エフェクターを使うことが有効になります。
 
 一般的にはギターボリュームマックスで爆音のファズサウンド、
 ギターボリュームを絞ってクランチ〜クリーンサウンドを作ります。
 ギターボリュームを絞ったクランチが鈴なりと呼ばれる独特の音になり、
 ギターボリュームで様々なサウンドが作れるので好きなかたも多いと思います。
 ファズフェイスはファズからクリーンにとても狭い範囲で激変するので
 使い方に注意が必要です。

ワウとの相性が悪い

 JHF1ファズフェイス最大の欠点だと思うのが
 ワウとの相性が悪いことだと思います。
 使ってみればわかりますが、ワウをオンにするとピーって発信します。
 また、ワウのかかりが悪くてあまりワウワウしません。
 (ファズファクトリーも発信します。使いこなすのが難しい)
 でも、ジミヘンはワウとファズ使ってそんなことになってないじゃん?
 という疑問がつきまとっていました。
 恐ろしいことに当時のファズフェイスは発信もせず、ワウワウするものも
 あったのです。これは知りませんでした。 

 まじかよ・・・。

ワウ→バッファー→ファズフェイス

 現行品のワウファズ問題はギターのインピーダンスが原因です。
 問題解決にもっとも簡単なのがバッファーをワウとファズの間にいれること。
 そうすることによってワウがしっかりワウワウします。
 が
 ファズフェイスの音が変わってしまいます。
 小岩ファンク(現 ギター屋Funk Ojisan)ではゲルマファズフェイスで
 実験をしています。

 なんとも悩ましくネットを調べると何種類かファズフェイス用のバッファーが
 販売されています。
 小岩ファンク(現 ギター屋Funk Ojisan)バッファはインピーダンス固定、
 BUFFOUTはインピーダンスが調整できるという特徴があったので
 自分はBUFFOUTを買いました。
 一応これでインピーダンスを調整してワウ発信問題は解決しました。
 ファズフェイスの音が若干変わってしまいますが、全く異なるエフェクター
 にはなっていません。
 理想はワウをオンと同時にBUFFOUTオンですが、そこまでの改造は
 出来ないなぁ。


-エフェクター
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

オペアンプですごい音が変わったPROCO RAT II【LM308H】エフェクター

普通は黒に白字のRATなんですが、イケベ楽器限定で白に黒字RATが発売され 思わず買ってしまったのがこの白RATです。 今は赤と黄色が限定カラーで発売されています。 中身は普通のRATと一緒 外見が白 …

ウェスタンエレクトリックが真空管製造拡大する?

ロシア製真空管の入手が不透明な中、アメリカのウェスタンエレクトリックが 真空管製造拡大に向けてアンケート実施中です メーカーサイトはこちら We make electron tubes 私たちは真空管 …

スモールクローン改造【コンデンサー&IC交換】

スモールクローンがトゥルーバイバス&普通のDCジャックってことで買いました。 2021年現行スモールクローン買ってみた エフェクター買ったらお約束の改造 コンデンサー&IC交換! 安い電解コンデンサー …

BOSS TW-1 タッチワウ 修理

BOSS TW-1 タッチワウ なんでこれ買ったんだっけかなぁ ワウは大好きで今はVOX V846-HWを改造して使ってます。 えーとJohn Mayerにハマって、ジョンはQトロン使ってるけど筐体が …

BOSS BD-2 ブルースドライバー Keeley MOD風改造

過去に2度BD-2ブルースドライバーを買い、売り、今回が3回目の購入 ニコ生をやっていたころ、ライン入力のほうが音がキレイに配信できるのでは? と考え買い、歪みが好みじゃないと売りました。 次は技クラ …